こんにちは。
チェルシーです。

今週はエプソムC。
東京芝1800mで行われるGⅢレースです。

今日はこのレースに出走する予定となっている有力馬の血統について僕なりの見解を述べさせていただこうと思います。

こちらの記事もチェック!

上記記事を元に解説していきますので、まだご覧になっていない方は、是非共一読されることをオススメします。

系統別色見表
サンデー系ミスプロ系(米)ノーザンD系(欧)ノーザンD系
(日)ナスルーラ系(米)ナスルーラ系(欧)ナスルーラ系ロベルト系

当ブログでは、血統系統を視覚的にわかりやすくするため、上記のような色分けを行っています。

それでは一頭ずつ見ていくとしましょう。


ミッキースワロー

馬名父(父系統)母父(母父系統)
ミッキースワロー
トーセンホマレボシジャングルポケット
サンデー系グレイソブリン系

昨年のGⅠ大阪杯とジャパンカップでは馬券には絡めなかったものの5着と掲示板を確保し、前走新潟大賞典では上がり3Fタイム32.9秒の鬼脚で2着と、格の違いを見せつけたミッキースワロー

父は特注血統のトーセンホマレボシ
今回のエプソムCで一番のオススメ種牡馬なので、血統的に全く問題はありません。

母父には先週の東京芝コースで、父として人気薄をもってきているジャングルポケットというのも非常に買いのポイントです。

必ず馬券には入れておきましょう!


プロディガルサン

馬名父(父系統)母父(母父系統)
プロディガルサン
ディープインパクトStorm Cat
ディープ系ストームバード系

前走の谷川岳Sでは、上がり最速の32.6秒の鋭い末脚を見せつけたプロディガルサン

父はエプソムCで何度も勝ち馬を出し、東京芝1800mでも人気薄をもってくるなど得意コースとしているディープインパクト

母父はエプソムCにおいて、サンデー系種牡馬と相性のいい米国型ノーザンダンサー系のストームキャットです。

母はラヴズオンリーミーで、先日のオークスを制したラヴズオンリーユーの兄にあたる当馬。
今の東京芝にもピッタリ合いそうです。

血統的には文句の付け所がない一頭となっています。


ダノンキングダム

馬名父(父系統)母父(母父系統)
ダノンキングダム
ステイゴールドAzamour
Tサンデー系ノーザンダンサー系

前走は準オープンながら、先行して上がり3Fタイム順位3位の脚で勝利し、勢いに乗っている上がり馬ダノンキングダム

父はエプソムCでも好走歴のあるステイゴールド
ステイゴールド系種牡馬は、先週の東京芝コースで人気薄を何度かもってきている、今の馬場に合った種牡馬です。

母父は欧州型ノーザンダンサー系。
注文をつけるとすればこの部分で、もう少しスピードのある血が入っていればというところ。

ただ父ステイゴールドということだけでも買える血統だと思います。


レイエンダ

馬名父(父系統)母父(母父系統)
レイエンダ
キングカメハメハシンボリクリスエス
キングマンボ系ロベルト系

前走メイSでは1番人気を裏切ってしまい、今ひとつ調子の上がらない実力馬のレイエンダ

キングカメハメハは東京芝1800mを得意としている点は評価できますが、先週の東京芝コースではあまり活躍できていません。
ただ得意の1800m戦は土曜日に一鞍組まれていましたが、キングカメハメハ産駒の出走はありませんでした。

母父シンボリクリスエスは欧州のスタミナ血統ということで、この点も不満が残る部分。

兄弟には現役屈指の実力馬レイデオロがいるということで人気するのであれば、嫌って妙味ある一頭だというのが現時点での見解です。


ソーグリッタリング

馬名父(父系統)母父(母父系統)
ソーグリッタリング
ステイゴールドシンボリクリスエス
Tサンデー系ロベルト系

前走都大路Sでは、中団前目で競馬をし、上がり最速の脚で勝利をもぎ取ったソーグリッタリング。

父はステイゴールドで、ダノンキングダムのところでも述べせせて頂いたように、エプソムCと今の東京芝に合う種牡馬です。

母父シンボリクリスエスは欧州型血統なので、欲を言えばもう少しスピードの血があればというところ。

ただこの馬も父ステイゴールドという点ではポイントが高いのかなとは思います。


まとめ

今日はエプソムCに出走する予定となっている有力馬の血統について、僕なりの見解を述べさせていただきました。

今回紹介させていただいた5頭は、レース当日おそらく人気になると思うのですが、血統的にしっくりくるのは、ミッキースワロープロディガルサンぐらいかなと感じました。

有力馬の血統だけを見ると、エプソムC2019は荒れる可能性が高いと思います。

ここまで騎手以外のデータを分析してきましたが、レース当日までに穴馬を見つけにいきたいと思っています。

次回は騎手について調べた記事を書きますので、よろしければまたご覧になってください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!