こんにちは。
チェルシーです。

今日は日本ダービーに出走する予定となっている有力馬の血統について見ていこうと思います。

この記事をもとに解説していきますので、まだご覧になられていない方は一読されることをおすすめします。


血統系統別色見表
サンデー系ミスプロ系(米)ノーザンD系(欧)ノーザンD系
(日)ナスルーラ系(米)ナスルーラ系(欧)ナスルーラ系ロベルト系

サートゥルナーリア

馬名父(父系統)母父(母父系統)
サートゥルナーリア
ロードカナロアスペシャルウィーク
キングマンボ系Tサンデー系
唯一のクラシック3冠馬になれる資格を持つサートゥルナーリア
2019年皐月賞勝ち馬です。

父は好走血統のキングマンボ系ロードカナロア
母父は中距離タイプのサンデーサイレンス系スペシャルウィークということで、全く問題のない血統構成。

ロードカナロア産駒はアーモンドアイが同条件のオークスとジャパンカップを制していることから、2400mという距離は対応可能と見られているかもしれませんが、産駒全体の成績を見ると、芝2400mは苦戦傾向です。

能力は今年の3歳馬屈指のものを持っているので馬券圏内は確保することが確実かと思っていますが、血統背景は一抹の不安を持っています。

ヴェロックス

馬名父(父系統)母父(母父系統)
ヴェロックス
ジャスタウェイMonsun
サンデー系
前走皐月賞ではサートゥルナーリアダノンキングリーと壮絶な叩き合いの結果2着となったヴェロックス

ジャスタウェイは好走血統のトニービンを持つ種牡馬。
比較的新しい種牡馬でデータ数に乏しい種牡馬なのですが、自身はジャパンカップで2着の実績があるということで、産駒も距離に対応することはできそうです。

母父Monsunはドイツ血統でスタミナは抜群。
特に大きな欠点が見当たらず、好走できそうな血統の馬だと思います。

ダノンキングリー

馬名父(父系統)母父(母父系統)
ダノンキングリー
ディープインパクトStorm Cat
ディープ系ストームバード系
前走皐月賞では勝ち馬サートゥルナーリアと差のない3着、前々走共同通信杯では今年のNHKマイルC勝ち馬のアドマイヤマーズを下している素質馬のダノンキングリー

父は好走血統のディープインパクト、母父はストームキャット(米国型)という、血統を少しでもかじったことのある人には有名となっているニックス配合です。
この組み合わせは、先週行われたオークスを制したラヴズオンリーユーと同じ組み合わせの配合というのも好感が持てる要素の1つ。
今の東京芝と合いそうです。
 
過去にダービー馬となったキズナと父ディープ×母父ストームキャットです。

父中距離サンデーと母父米国型という組み合わせは、毎年日本ダービーで馬券になる血統なので、この馬も血統的には十分にアドバンテージを持っていると思います。

アドマイヤジャスタ

馬名父(父系統)母父(母父系統)
アドマイヤジャスタ
ジャスタウェイエリシオ
サンデー系ノーザンダンサー系
前走皐月賞はスタートで出遅れ持ち味の先行力を活かせず8着に終わったアドマイヤジャスタ

父は先述したヴェロックスと同じジャスタウェイで血統的にも問題なさそう。
母父エリシオは欧州型血統で、かなり昔の話になりますがジャパンカップ3着の実績も持ち合わせています。2400mは十分にこなせそうです。

ランフォザローゼス

馬名父(父系統)母父(母父系統)
ランフォザローゼス
キングカメハメハディープインパクト
キングマンボ系ディープ系
キングカメハメハ・母父ディープインパクトとまさに典型的な王道血統であり、ダービー血統であるランフォザローゼス

数々の名馬を排出したエアグルーヴ一族という華やかな血統背景を持つ超良血馬です。

もちろん血統的には何ら問題はなく、好走するポテンシャルかなり高いとみています。

昨年の日本ダービーでは、父ディープインパクト×母父キングカメハメハという配合のワグネリアンが勝ちました。
父・母父が逆の配合のなる当馬ですが、一発を秘める血統構成だと思います。

まとめ

今回は今年の日本ダービーで有力馬となる馬の血統について見てきました。

5頭見てきましたが、どの馬も血統的には問題がなく、好走する可能性を秘めていると思います。

他の予想ファクターも考慮し、しっかりと予想を組み立てていきたいと思います。