こんにちは。
チェルシーです。
先週の札幌記念ですが、本命が2着のサングレーザーだったのに馬券が外れるという失態を晒してしまいました。

本当に流れが悪くなってきているのですが、今回のことに関しては馬券の買い方に問題があったと見ています。


せっかくの予想が無駄にならないように、今後は最新の注意を払っていきたいと思います。

さて今週はキーンランドカップ。
札幌競馬場で行なわれるGⅢクラスのレースです。

今日はこのキーンランドカップの血統について考察していきたいと思います。

キーンランドカップ過去好走馬の血統

2018年父(父系統)母系 国組み合わせ
1
ナックビーナス
ダイワメジャーヘイロー系
Pサンデー系日×米
2
ダノンスマッシュ
ロードカナロアダンチヒ系
キングマンボ系欧×欧
3
ペイシャフェリシタ
ハーツクライダンチヒ系
Tサンデー系日×欧
2017年父(父系統)母父系 国タイプ
1
エポワス
ファルブラヴサンデー系
ノーザンダンサー系欧×日
2
ソルヴェイグ
ダイワメジャーグレイソブリン系
Pサンデー系日×欧
3
ナックビーナス
ダイワメジャーヘイロー系
Pサンデー系日×米
2016年父(父系統)母父系 国タイプ
1
ブランボヌール
ディープインパクトプリンスリーギフト系
ディープ系日×日
2
シュウジ
キンシャサノキセキキングマンボ系
Pサンデー系日×欧
3
レッツゴードンキ
キングカメハメハサンデー系
キングマンボ系欧×日
2015年父(父系統)母父系 国タイプ
1
ウキヨノカゼ
オンファイアニジンスキー系
サンデー系日×欧
2
トーホウアマポーラ
フジキセキミスプロ系
Pサンデー系日×米
3
ティーハーフ
ストーミングホームダンチヒ系
ミスプロ系米×欧
2014年父(父系統)母父系 国タイプ
1
ローブティサージュ
ウォーエンブレムサドラーズウェルズ系
ミスプロ系米×欧
2
レッドオーヴァル
ディープインパクトミスプロ系
ディープ系日×米
3
マジンプロスパー
アドマイヤコジーンDサンデー系
グレイソブリン系欧×日

上の表は、過去5年キーンランドカップで好走した馬の血統構成をまとめたものです。

サンデー系の中でも短距離志向の強いPサンデー系が強い

まず毎年のように馬券になっているのはPサンデー系です。
Pサンデー系とは、サンデー系の中でも特に短距離戦に強い種牡馬を指します。

Pサンデー系の中でも特にダイワメジャーは何度も馬券に絡んでいますので押さえておきましょう。

ベタにミスプロ系も狙える

ミスタープロスペクターの血を持つ馬にも注目です。

ミスタープロスペクターはとにかく短距離戦が得意な種牡馬。
キーンランドカップでも例外なく好走しています。

キングカメハメハやロードカナロアに代表されるキングマンボ系もミスタープロスペクター系に分類されます。

欧州型の血を持ち合わせていることが重要

札幌芝コースが洋芝であることが影響しているのか、短距離レースながらスタミナの豊富さが特徴の欧州型の血を持っている馬の好走が目立ちます。

父か母父に欧州型の血を持つ馬を狙うのが良さそうです。

スポンサーリンク


種牡馬別コース成績

種牡馬系統着度数勝率複勝率
キングマンボ系2- 1- 3- 6/1217%50%
ダンチヒ系3- 1- 0- 5/ 933%44%
ミスプロ系2- 3- 1- 8/1414%43%
Tサンデー系3- 3- 1-10/1718%41%
Pサンデー系0- 3- 4-19/260%27%
ストームバード系0- 2- 0- 8/100%20%
サンデー系1- 1- 1-13/166%19%
フォーティーナイナー系0- 0- 2- 9/110%18%
プリンスリーギフト系0- 0- 1- 5/ 60%17%
ディープ系1- 0- 0- 7/ 813%13%
データ条件:過去3年・良馬場・単勝オッズ1~50
1000万クラス以上 6戦以上のキャリア

上の表はキーンランドカップの舞台となる「札幌芝1200m」の種牡馬系統別コース成績をまとめたものです。

キングマンボ系の好走率が高く、複勝率が50%とハイアベレージを誇ります。
キングマンボ系の大系統はミスプロ系ですが、そのミスプロ系もランクインしていて高い好走率となっています。

キングマンボ系だけでなくミスプロ系まで視野を広げておいたほうが良さそうです。

Tサンデー系やダンチヒ系もランクインしているので、スピードよりの欧州型血統の活躍も見逃せません。

先週の札幌芝種牡馬系統別成績

種牡馬系統着度数勝率複勝率
ダンチヒ系4- 1- 2-15/2218%32%
Tサンデー系3- 3- 4-18/2811%36%
キングマンボ系2- 2- 3-14/2110%33%
ディープ系1- 3- 1-19/244%21%
ロベルト系1- 1- 0- 3/ 520%40%
マイナー系1- 1- 0- 1/ 333%67%
ストームバード系1- 1- 0- 1/ 333%67%
サンデー系1- 0- 1-11/138%15%
ミスプロ系0- 1- 0- 6/ 70%14%
ヘイロー系0- 1- 0- 2/ 30%33%

先週の札幌芝レースは、ダンチヒ系・Tサンデー系・キングマンボ系といった欧州思考の強い血統馬の活躍が目立っていました。

やはり札幌競馬場の芝は洋芝というだけあって、米国型の血統馬はほとんどランクインしてません。

現在の札幌競馬場芝コースは、スタミナを要するタフな状態であると言えます。

まとめ

通常短距離戦というのはスピードに特化した「米国型血統の馬」が活躍するものなのですが、キーンランドカップやその舞台となる札幌芝1200mというのは欧州型の血統が活躍していることが今日色々調べていく中でわかりました。

何度も言いますが、やはり札幌競馬場の芝が「洋芝」であることが大きな要因だと考えています。

レース傾向的にはサンデー系の中でもマイル・スプリント能力の高い「Pサンデー系」が好走していますが、こういったスタミナの豊富な「欧州型血統」にも目を向けていくことが馬券的中には必要だと思います。

予想に活かしてみてください。

スポンサーリンク