こんにちは。
チェルシーです。
今週はキーンランドカップの予想に力を入れていまして、レース展開についていろいろ調べていたのですが、気付いたことがあったので書かせていただこうと思います。

まずはこちらの表をご覧ください。

キーンランドカップ過去好走馬の脚質と上がり3Fタイム

2018年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ナックビーナス逃げ35.76
2ダノンスマッシュ先行35.99
3ペイシャフェリシタ先行35.99
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1エポワス差し34.41
2ソルヴェイグ先行35.54
3ナックビーナス逃げ35.65
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ブランボヌール差し34.03
2シュウジ逃げ34.58
3レッツゴードンキ差し33.92
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ウキヨノカゼ差し33.51
2トーホウアマポーラ追込33.82
3ティーハーフ追込34.14
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ローブティサージュ差し34.45
2レッドオーヴァル差し34.21
3マジンプロスパー先行34.810

上の表は過去5年におけるキーンランドカップで馬券に絡んだ馬の脚質と上がり3Fタイムをまとめたものです。

短距離戦なのに上がり3Fタイムがかかる

キーンランドカップが行われるコースは札幌芝1200m。

短距離戦にも関わらず好走馬の上がり3Fタイムが34秒台がほとんどで、他の1200m戦に比べて遅くなっています。

特に近年はその傾向が躊躇で、時には35秒台となっているときもあります。

なぜこうなるのかというと、やはり札幌競馬場の芝が洋芝であることが大きな要因ではないかと思っています。

今まで通常の軽い芝で好走してきた馬は、札幌だと適性が合わない可能性があるので注意が必要です。

逆に軽い芝で通用しなかった馬が、今回穴をあけてくる可能性はありますので、洋芝実績のある馬や、上がりのかかるタフなレースでの実績がある馬は狙い目です。

スポンサーリンク


脚質傾向は掴みにくい

過去5年好走馬の脚質で一番多いのは差しです。
単純に差しが有利かと思ってしまいがちですが、年によって好走する脚質は偏っています。

近年は逃げ先行が活躍していますが、今年もそうとは限りません。

馬場とメンバー関係で前が有利か差しが有利かを見極めていく必要があるでしょう。

まとめ

今日はキーンランドカップの展開について過去のデータを調べてきましたが、脚質よりも上がり3Fがかかるレースになるということを頭に入れておいたほうが良さそうです。

タフなレースが得意な馬が、キーンランドカップでは活躍することでしょう。

予想の参考にしてみてください。

スポンサーリンク