こんにちは。
チェルシーです。
今週は札幌競馬場で行なわれる、牝馬限定戦の重賞「クイーンS」が行われます。

今日はクイーンSで有利になりそうな血統を探るべく、過去のレース傾向などを見ていきますので、最後までお付き合いください。

クイーンS好走馬の血統

2018年父(父系統)母系 国組み合わせ
1
ディアドラ
ハービンジャーTサンデー系
ダンチヒ系欧日米
2
フロンテアクイーン
メイショウサムソンサンデー系
サドラーズウェルズ系欧日欧
3
ソウルスターリング
Frankelマイナー系
サドラーズウェルズ系欧欧欧
2017年父(父系統)母父系 国タイプ
1
アエロリット
クロフネDサンデー系
ヴァイスリージェント系米日米
2
トーセンビクトリー
キングカメハメハサンデー系
キングマンボ系欧日米
3
クインズミラーグロ
マンハッタンカフェグレイソブリン系
Tサンデー系日欧米
2016年父(父系統)母父系 国タイプ
1
マコトブリジャール
ストーミングホームロベルト系
ミスプロ系米欧米
2
シャルール
ゼンノロブロイグレイソブリン系
Tサンデー系日欧欧
3
ダンツキャンサー
アドマイヤジャパンプリンスリーギフト系
サンデー系日日欧
2015年父(父系統)母父系 国タイプ
1
メイショウスザンナ
アグネスデジタルサンデー系
ミスプロ系米日欧
2
レッドリヴェール
ステイゴールドノーザンダンサー系
Tサンデー系日欧欧
3
イリュミナンス
マンハッタンカフェグレイソブリン系
Tサンデー系日欧米
2014年父(父系統)母父系 国タイプ
1
キャトルフィーユ
ディープインパクトグレイソブリン系
ディープ系日欧欧
2
アロマティコ
キングカメハメハサンデー系
キングマンボ系欧日米
3
スマートレイアー
ディープインパクトリファール系
ディープ系日欧欧

上記の表は過去5年クイーンSにおいて馬券に絡んだ馬の血統構成をまとめたもの。

結論から申し上げますと、クイーンSでは欧州の血を持つ馬が有利です。

昨年のクイーンSは馬券に絡んだ3頭の父が全て欧州型でした。

他には父がサンデー系の馬が好走していますが、そのほとんどがサンデー系種牡馬自身の母父が欧州型の血を持っています。

・ディープインパクトの母父···リファール系(欧)
・マンハッタンカフェの母父···リボー系(欧)
・ステイゴールドの母父···ファイントップ系(欧)
・ハーツクライの母父···グレイソヴリン系(欧)

キングカメハメハ産駒も複数回馬券になっていますが、キンカメはキングマンボ系で欧州型です。

父・母父・母母父の国タイプを見ても、欧州の血が最も多いです。

この事から、クイーンSは欧州型の血を持つ馬が有利だとわかります。

スポンサーリンク


札幌芝1800m種牡馬別成績

種牡馬着度数勝率複勝率
メイショウサムソン0- 3- 3- 4/100%60%
ディープインパクト6- 3- 4-13/2623%50%
ルーラーシップ1- 1- 3- 5/1010%50%
ハービンジャー6- 3- 4-17/3020%43%
ハーツクライ2- 3- 2-12/1911%37%
データ条件:過去3年・良馬場・単勝オッズ1~50 6戦以上のキャリア

上の表はクイーンSの舞台となる札幌芝1800mの種牡馬別成績で、好走率の高い種牡馬をまとめています。

メイショウサムソン・ルーラーシップ・ハービンジャーは全て欧州型。

ディープインパクト自身の母父はリファール系、ハーツクライ自身の母父はグレイソヴリン系と共に母父に欧州型の血を持っています。

やはりコース成績で見ても、欧州型の血を持つ馬が活躍していることに変わりはありません。

クイーンSは欧州型の血を持つ馬を狙ってみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク