こんにちは。
チェルシーです。
今日は今週特集しているクイーンSの展望を行います。

取り上げるテーマはレース展開です。

過去5年クイーンSレース展開

2018年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ディアドラ差し33.71
2フロンテアクイーン差し34.42
3ソウルスターリング先行34.74
Lap12.1-10.8-11.5-12.1-12.6-12.5-11.8-11.3-11.5
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1アエロリット逃げ35.58
2トーセンビクトリー差し34.41
3クインズミラーグロ差し34.41
Lap12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-11.9-12.1-11.5-11.9
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1マコトブリジャール先行33.83
2シャルール先行34.04
3ダンツキャンサー差し34.04
Lap12.5-11.6-12.4-12.6-12.4-11.9-11.6-11.2-11.5
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1メイショウスザンナ追込34.12
2レッドリヴェール先行34.63
3イリュミナンス先行34.63
Lap12.3-11.6-11.6-12.1-12.3-12.1-11.7-11.6-11.8
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1キャトルフィーユ先行35.23
2アロマティコ差し34.41
3スマートレイアー差し34.52
Lap12.3-11.3-11.5-11.3-11.4-11.5-11.8-12.4-12.2
※馬名が赤字の馬は人気薄

スポンサーリンク


上の表は過去のクイーンS好走馬の脚質・上がり3Fタイム、そしてレースラップをまとめたものです。

まずレースラップですが、前半はスロー気味のペースとなり、ラスト3F勝負となることが多いです。

ただそうでない年もありますので、参考程度までにとどめておきましょう。

脚質的には前半スローペースになる割には、以外にも差しが決まっています。

クイーンSが行なわれる札幌競馬場の芝はオール洋芝で、タフな競馬場ということから差しが決まりやすくなっていると推測できます。

好走馬の上がり3Fタイムも、34秒台中程がほとんど。

1800mとしては上がりがかかっているので、この事も差しが決まりやすくなっている要因です。

クイーンSは上がりがかかる展開が得意な差し馬を狙ってみようかなと思います。