こんにちは。
チェルシーです。

今週は安田記念。
アーモンドアイとダノンプレミアムの直接対決ということで、かなりの注目が集まる1戦です。

もちろん当ブログでも
特集していきます。

先週のように各予想ファクターのデータ分析をやっていくわけですが、今日は僕が1番重視している予想ファクターである「血統」について調べていきますので、よろしくお願いします。

系統別色見表
サンデー系ミスプロ系(米)ノーザンD系(欧)ノーザンD系
(日)ナスルーラ系(米)ナスルーラ系(欧)ナスルーラ系ロベルト系
まず系統別色見表ですが、当ブログでは各血統系統をわかりやすく表記するため、上記のような色分けを行っています。
それでは安田記念記念の血統傾向を探っていきましょう。

過去5年安田記念好走馬の血統構成

2018年父(父系統)母父(母父系統)
1
モズアスコット
FrankelHennessy
サドラーズウェルズ系ストームバード系
2
アエロリット
クロフネネオユニヴァース
ヴァイスリージェント系Dサンデー系
3
スワーヴリチャード
ハーツクライUnbridled's Song
Tサンデー系ミスプロ系
2017年父(父系統)母父(母父系統)
1
サトノアラジン
ディープインパクトStorm Cat
ディープ系ストームバード系
2
ロゴタイプ
ローエングリンサンデーサイレンス
サドラーズウェルズ系サンデー系
3
レッドファルクス
スウェプトオーヴァーボードサンデーサイレンス
フォーティーナイナー系サンデー系
2016年父(父系統)母父(母父系統)
1
ロゴタイプ
ローエングリンサンデーサイレンス
サドラーズウェルズ系サンデー系
2
モーリス
スクリーンヒーローカーネギー
ロベルト系サドラーズウェルズ系
3
フィエロ
ディープインパクトDanehill
ディープ系ダンチヒ系
2015年父(父系統)母父(母父系統)
1
モーリス
スクリーンヒーローカーネギー
ロベルト系サドラーズウェルズ系
2
ヴァンセンヌ
ディープインパクトニホンピロウイナー
ディープ系
3
クラレント
ダンスインザダークダンシングブレーヴ
Tサンデー系リファール系
2014年父(父系統)母父(母父系統)
1
ジャスタウェイ
ハーツクライWild Again
Tサンデー系
2
グランプリボス
サクラバクシンオーサンデーサイレンス
プリンスリーギフト系サンデー系
3
ショウナンマイティ
マンハッタンカフェStorm Cat
Tサンデー系ストームバード系
馬名の赤字は4番人気以下

上の表は過去5年安田記念で馬券になった馬の血統構成をまとめたものです。

ノーザンダンサーの血を持つ馬が有力

過去5年の安田記念を振り返ってみると、か母父にノーザンダンサー系の血を持つ馬が有力です。

米国型・欧州型は問いませんが、毎年のように馬券になっているのは欧州型
特にサドラーズウェルズ系の血を持つ馬が波乱を演出している傾向にあります。

しかし近年はストームバード系(米国型ノーザンダンサー系)が勝っています。
これは東京競馬場芝コースが高速化してきているのが影響していると思われます。

とにかく米国型でも欧州型でも狙えますので、当日の馬場状態を考慮されるなどすれば良いかと思います。

東京芝1600mが得意な種牡馬

種牡馬勝利数勝率複勝率単回収複回収
ディープインパクト16勝15%42%7695
ハーツクライ5勝15%39%54113
ダイワメジャー4勝15%37%11887
キングカメハメハ4勝14%36%10271
クロフネ2勝17%58%155125
アドマイヤムーン2勝13%33%4554
ゼンノロブロイ1勝17%33%5170
キンシャサノキセキ1勝13%38%178106
データ条件:過去3年・良馬場・単勝オッズ1~50
6戦以上のキャリア 特別戦のみ

東京芝1600mというコースは、ディープインパクト産駒の勝ち星数が圧倒的です。
2位ハーツクライ約3倍の差をつける16勝をあげています。

もちろんディープインパクト産駒は種付け頭数が多いので勝利数だけで見ると他を圧倒することは多いのですが、好走率も回収値も水準以上の数字となっているので、このコースでは信頼できる種牡馬といってもいいでしょう。

先週の東京芝コース種牡馬傾向

種牡馬着度数
ディープインパクト2- 5- 4- 6/17
ステイゴールド2- 1- 1- 5/ 9
エイシンフラッシュ1- 1- 0- 4/ 6
ダンカーク1- 0- 0- 5/ 6
ハービンジャー1- 0- 0- 4/ 5
ダノンバラード1- 0- 0- 2/ 3
ダイワメジャー1- 0- 0- 2/ 3
シンボリクリスエス1- 0- 0- 1/ 2
マンハッタンカフェ1- 0- 0- 0/ 1
※1勝以上の種牡馬のみ抽出

先週の種牡馬傾向としてはとにかくディープインパクトが大活躍しました。
出走馬17頭中11頭が馬券圏内を確保しています。

時計の出る軽い馬場なので、天気が悪くならない限りは今週も同じような傾向が続きそうです。

先週の東京芝コース勝ち馬の母父

母父馬着度数
クロフネ2- 0- 1- 5/ 8
Danehill Dancer2- 0- 0- 0/ 2
スペシャルウィーク1- 0- 0- 5/ 6
エルコンドルパサー1- 0- 0- 3/ 4
ディープインパクト1- 0- 0- 4/ 5
ブライアンズタイム1- 0- 0- 3/ 4
ダンスインザダーク1- 0- 0- 3/ 4
Librettist1- 0- 0- 0/ 1
Alzao1- 0- 0- 0/ 1
※1勝以上の母父馬のみ抽出

母父にも軽い馬場を得意としていそうな米国型血統サンデーサイレンス系がランクインしています。

Danehill DancerLibrettistは同じ系統でダンチヒ系です。
ダンチヒ系はオーストラリアで活躍するスピードが豊富な血統なので、注意しておきましょう。

まとめ

とにかく先週の東京芝コースは、速い時計の出る馬場となっていました。
血統の傾向もそれに準じて、軽い馬場が得意な血が躍動しています。

とにかくディープインパクトが強いので、引き続き狙える種牡馬だと思います。

今日調べたことは必ず予想に活かし、馬券的中へと到達できるように頑張ります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!