こんにちは。

今回のエントリーでは、中京記念でわたくしチェルシーが注目している4頭について解説させていただきます。

なお馬券の買い目に関しては、パドック・オッズを考慮したうえで決めたいと思うので、そちらはツイッターにて呟きますのでよろしくお願いします。

4頭の中から1頭を選んでの単複になると思います。

中京記念2020 推奨馬一覧(50音順)

  • ソーグリッタリング
  • ディメンシオン
  • プリンスリターン
  • ミッキーブリランテ

⑩ソーグリッタリング

前走不良馬場で行われたエプソムカップで2着と好走。
ステイゴールド×シンボリクリスエスという欧州志向の強い血統背景を持っていて、コース傾向・馬場傾向にピタリと合う印象です。

得意の右回りとマイル戦に変わるのはこの馬にとって大きなプラスであり、今回も好走する可能性は高そう。

枠も丁度いいですし、鞍上の川田が持ってきてくれるでしょう。

⑧ディメンシオン

前走はCBC賞で惨敗でしたが、初の1200mということもあり、凡走して当然の条件。

今年の中京記念が行われる阪神芝1600mは得意としていて、阪神牝馬Sでは3着と馬券にきっちり絡んでいます。

53kgという斤量も魅力。

父ディープで母父が欧州の主流血統であるサドラーズウェルズ系なので、血統的にも問題ありません。

枠も最高なので、人気薄ではありますが一発あるのではないでしょうか。

⑩プリンスリターン

ロベルト系のストロングリターン産駒という珍しい血統のお馬さん。

母父マンハッタンカフェで、欧州志向の強い血統となっています。

重賞では何度も馬券に絡む常連で、同コースで行われた阪神フューチュリティステークスで5着、アーリントンカップでは3着と阪神マイルはすごく得意としています。

休み明けで走るタイプなので、約3ヶ月の休み明けというフレッシュな状態で出走する今回は走ってきそうです。

⑫ミッキーブリランテ

前走は同じコースで行われた米子Sで3着。
このときは比較的米国寄りのスピード血統の馬が上位を占めたレースでした。

父ディープブリランテはディープ系なので軽いスピード血統と思われがちですが、ディープブリランテ自身の母父が、欧州の主流であるネヴァーベンドの血を持っているので、前走より更にパフォーマンスを上げてくる可能性があります。

母父に欧州の重賞で活躍したダンシリの血を持ち、欧州志向の強い血統背景です。

54kgという軽斤量を活かし、好走の期待が高まる1頭です。

まとめ

なお予想の根拠についてはこちらの記事が参考になるかと思います。

ぜひご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!