こんにちは。

今日は今週の日曜日に函館競馬場で行われる重賞『函館記念』の血統傾向について見ておこうと思います。

過去3年函館記念好走馬の血統背景

馬名母父
1911マイスタイルハーツクライフォーティナイナー
29マイネルファンロンステイゴールドロージズインメイ
33ステイフーリッシュステイゴールドキングカメハメハ
1815エアアンセムシンボリクリスエスサンデーサイレンス
27サクラアンプルールキングカメハメハサンデーサイレンス
313エテルナミノルエンパイアメーカーフジキセキ
1715ルミナスウォリアーメイショウサムソンアグネスタキオン
214タマモベストプレイフジキセキノーザンテースト
37ヤマカツライデンシンボリクリスエスダンスインザダーク
日本中距離型 日本短距離型 米国型 欧州型

過去3年の好走馬を見ると、青色で記された「欧州型血統」の馬が好走していることがわかります。

昨年は黄色で表示された日本中距離型血統が馬券圏内を閉めましたが、ハーツクライとステイゴールドはいずれも欧州志向の強い血統背景となっています。

函館芝コースは100%洋芝コースということもあり、スタミナが豊富な欧州型の血が躍動するのでしょう。

先週の函館芝コース好走馬の血統背景

馬名母父
1217ウィズブラックタイドエンドスウィープ
R211タガノカルラワークフォースネオユニヴァース
32プレトリアヨハネスブルグジャングルポケット
10110シンボベーカバドディープインパクト
R24ウインレーヴドールステイゴールドタニノギムレット
35アドマイヤポラリスジャスタウェイUnbridled's Song
912イルマタルシンボリクリスエスゴールドアリュール
R24ハギノエスペラントキズナキングカメハメハ
33コスモギンガゴールドシップシンボリルドルフ
812ミニオンペールマツリダゴッホアラジ
R23ガリレイヴィクトワールピササクラバクシンオー
34エイカイマドンナハーツクライサクラバクシンオー
611マッチレスノヴェルノヴェリストサンデーサイレンス
R22ランドアーティストヴィクトワールピサエンドスウィープ
37アンストッパブルノヴェリストフジキセキ
日本中距離型
日本短距離型 米国型 欧州型

先週の傾向を見ると、一見緑や薄黄色で表示されたスピードタイプの血を持つ馬が活躍しているように見えますが、それらのほとんどが短距離レースでのもの。

2000m以上で行われた6R・9R・10Rは欧州志向の強い血統が活躍しています。

ただ活躍しているのが、欧州型ダンチヒ系やドイツ血統という部分が気になります。

何が言いたいかというと、スタミナの豊富さが特徴の欧州型血統の中でも、スピードタイプの血統の馬が活躍しているということです。

日本短距離型の血を持つ馬が活躍しているしているという点も踏まえると、今の函館芝コースはスピードも求められる馬場になっていることは間違いありません。

まとめ

函館競馬場は洋芝なので、レース傾向通り欧州血統狙いでいいと思います。

ただ先週日曜日の傾向を見ると、スピードよりの血統の馬が活躍していきいるのも事実。

そのあたりも考慮して、予想を組み立てていこうと思います。

最後までごらんいただき、ありがとうございました!