こんにちは。
チェルシーです。

今日は土曜日阪神メインの三宮Sの予想をお送りします。

予想のポイント

阪神競馬場あたりは金曜日の午前中ぐらいまで雨が残りました。

金曜日の午後からは雨もそんなに降っていない状況です。

天気予報だと金曜日の夜からレースの時間にかけては晴れ。

馬場は稍重あたりまで回復すると見ています。

そして何がおこるかわからないハンデ戦なので斤量に気を配るのも勿論ですが、適正うんぬんよりも各馬の個性を重視して予想を行なっていきたいと思います。

三宮S 出走馬 予想印
馬番馬名騎手
1ジュンヴァルカン藤井勘一
2サンデーウィザード秋山真一
3サクラアリュール西村淳也
4メイショウスミトモ小牧太
5アングライフェン鮫島克駿
6クリノフウジン荻野極
7アッシェンプッテル太宰啓介
8ノーブルサターン鮫島良太
9オーヴェルニュ松山弘平
10テーオーエナジー岩田望来
11マイネルユキツバキ国分優作
12コマビショウ川田将雅
13ヴェンジェンス幸英明
14クリンチャー石橋脩
15コンカラー北村友一
16メイショウウタゲ高倉稜

◎コマビショウ

本命は川田騎手騎乗のコマビショウです。

前走ブリリアントSの敗因は苦手としている左周り・輸送競馬とはっきりしています。

今回は得意の右周りコースで、自身が得意としている阪神競馬場でのレースなので、変わり身が期待できます。

キャリア4勝のうち2勝は今回騎乗する川田騎手があげていますし、期待度の高さも伺えます。

外枠だと安定した競馬ができるので、ここは一発あると見て、本命馬の1頭目にあげさせていただきます。

◎コンカラー

もう一頭の本命馬は北村友一騎手騎乗のコンカラーです。

前走は3勝クラスを勝ち上がり、今回は昇級戦となりますが、前走の内容は素晴らしいものがあります。

前走梅田Sで2着から7着を占めたのは差し追込み馬でした。

前で競馬した馬が圧倒的に不利な展開で先行して勝利し、しかも上がり3Fタイムが3位と圧巻の内容。

2着とは約2馬身の差をつける強い勝ち方でした。

今回はハンデ戦ということで、前走よりも2kgも軽い55kgでの出走。

はじめてのオープンクラスでのレースとなりますが、十分に通用する要素が満載です。

☆アッシェンプッテル

相手1頭目は太宰騎手騎乗のアッシェンプッテルです。

この馬には大きな特徴があり、とにかく真ん中より内の枠を引いた時に好走します。

前走は8枠で13着、前々走は2枠で勝利、3走前は8枠で11着と、明らかな傾向が見てとれます。

今回は内目の4枠ですので、波乱を演出してくれることに期待します。

52kgという斤量も魅力です。

☆ヴェンジェンス

相手2頭目は幸騎手騎乗のヴェンジェンスです。

ダート重賞で何度も好走するほどの馬で、今回のメンバーでは完全に格上です。

58kgの斤量でも足りないぐらいではないでしょうか。

得意の関西での競馬、外枠とくれば3着内を外すことは考えにくいです。

☆クリンチャー

相手3頭目は石橋脩騎手騎乗のクリンチャーです。

元々芝路線で重賞を勝つなど大活躍していた馬です。

父ディープスカイは自身がダービー馬のため産駒も芝を走るイメージですが、データを調べるとダートで活躍している馬が多数。

クリンチャーが芝からダートに転向して結果を出していることは必然なのかもしれません。

相性の良い石橋騎手を背に、ダート戦初勝利もあり得ます。

馬券の買い方

ハンデ戦と中途半端な馬場状態ということで荒れると思います。

ワイドフォーメーション
◎◎→☆☆☆

人気馬のヴェンジェンスとクリンチャーは堅いと思うので、本命馬のどちらかが来てくれればダブル的中する可能性も高いと思います。

万が一穴のアッシェンプッテルがくれば、高配当も期待できます。

最後までご覧いただき、ありがとうございまさした!