こんにちは。
今日は今週日曜日に行われる「宝塚記念」の血統について、過去のデータをおさらいしておこうと思います。

過去5年宝塚記念好走馬の血統構成

馬名母父
1913リスグラシューハーツクライAmerican Post
21キセキルーラーシップディープインパクト
36スワーヴリチャードハーツクライUnbridled's Song
1817ミッキーロケットキングカメハメハPivotal
210ワーザーTavistockZabeel
312ノーブルマーズジャングルポケットSilver Hawk
1713サトノクラウンMarjuRossini
25ゴールドアクタースクリーンヒーローキョウワアリシバ
34ミッキークイーンディープインパクトGold Away
1618マリアライトディープインパクトエルコンドルパサー
21ドゥラメンテキングカメハメハサンデーサイレンス
32キタサンブラックブラックタイドサクラバクシンオー
1516ラブリーデイキングカメハメハダンスインザダーク
210デニムアンドルビーディープインパクトキングカメハメハ
311ショウナンパンドラディープインパクトフレンチデピュティ

宝塚記念は6月末に行われるレースということで、天気が安定しないレースです。

過去5年でも稍重で行われたレースが3レースあり、天気がどうなるかが重要な要素となっています。

キングカメハメハやルーラーシップのようなキングマンボ系は、過去の宝塚記念で良馬場でも稍重でも好走しています。

最近だとロードカナロアもキングマンボ系の種牡馬です。

天気がどうころんでもキングマンボ系はとても狙いやすい血統ですね。

良馬場だとディープ産駒やハーツクライ産駒が活躍しますが、稍重だとやはりトニービン系やロベルト系のような欧州志向の強い血統が活躍しています。

当日はおそらく連日の雨の影響で重馬場となりそうなので、今のところは欧州志向の強い血統の馬を狙っていこうと考えています。

先週日曜日の阪神芝血統傾向

馬名母父
1212スマイルカナディープインパクトディストーデッドヒューマ
R29ラセットモンテロッソアグネスタキオン
38ミッキーブリランテディープブリランテDansili
1111ランブリングアレーディープインパクトシンボリクリスエス
R24ショウナンバルディキングズベストリダウツチョイス
32マイネルウィルトススクリーンヒーローロージズインメイ
1711サンライズオネストダイワメジャージャングルポケット
22エアファンディタHat TrickEmpireMaker
33ミッドサマーハウスHeart's CryTaninoGimle
1612クラヴェルエピファネイアキングカメハメハ
24アメリカンウェイクハーツクライアメリカンポスト
35シルバースミスオルフェーヴルSオーヴァーボード
1511シュヴァリエローズディープインパクトSevres Rose
22ブレイブライオンディープインパクトMr. Greeley
37トウシンモンブランルーラーシップエンパイアメーカー

先週の阪神芝コースで好走した馬の血統を見てみると、サンデー系種牡馬だと中距離タイプの産駒が活躍していましたし、ロベルト系やキングマンボ系がかつやくしていました。

欧州志向の強い馬に有利な馬場になっていると感じます。

これに雨が加わりタフな馬場になればより欧州志向の強い馬が活躍することになるでしょう。

まとめ

今日調べて思ったのは、今年の宝塚記念は欧州志向の強い馬を狙ってみたいということです。

レース当日までは雨模様ですし、今年の宝塚記念はより荒れたレースになることを期待し、予想を頑張っていこうと思います。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!