こんにちは。

本日は日曜日に福島競馬場で行われるハンデ重賞『七夕賞』の血統傾向を見ておこうと思います。

七夕賞 過去好走馬の血統

馬名母父
1913ミッキースワロートーセンホマレボシジャングルポケット
22クレッシェンドラヴステイゴールドSadler's
Wells
312ロードヴァンドールダイワメジャーStorm Cat
18111メドウラークタニノギムレットクロフネ
24マイネルサージュハービンジャーサンデーサイレンス
312パワーポケットエンパイアメーカータマモクロス
1711ゼーヴィントディープインパクトブライアンズタイム
25マイネルフロストブラックタイドグラスワンダー
37ソールインパクトディープインパクトExchange
Rate
日本中距離型 日本短距離型 米国型 欧州型

七夕賞では欧州型血統が狙い目

七夕賞を攻略する上でポイントとなるのは『欧州型血統』であるかどうかという点です。

上の表で青色表示されているのが欧州型血統となります。

過去3年で連対した全ての馬が、父か母父に欧州型血統の血を持っています。

濃い黄色で表示されているのは日本中距離型血統でサンデー系なのですが、数あるサンデー系の中でも欧州色の強い血統にあたります。

なぜ欧州型血統が活躍するのか

なぜ欧州型血統が走るのかというと、福島芝コースは高低差こそあまりありませんが、最後の直線にある上り坂をはじめ、道中に多数の細かいアップダウンが存在します。

このようなコースは、自然の地形を生かした欧州競馬で淘汰されてきた欧州型血統の庭です。

以上のような理由で、七夕賞は欧州型血統が有利であると考えられます。

まとめ

七夕賞の過去のレース結果を見ることで、七夕賞では欧州型・日本中距離型血統が活躍する可能性が高いということがわかりました。

もちろん今年の七夕賞もこれらの血統の馬たちが馬券圏内を独占するとは限りません。

ですがかなり強い傾向が出ていると思いますので、今年の七夕賞は欧州型血統もしくは日本中距離型血統の馬を中心に、予想を組み立てていこうと思います。

最後までごらんいただき、ありがとうございました!