こんにちは。
チェルシーです。

わたくしチェルシーは園田競馬を愛しております。

10月15日は兵庫若駒賞という重賞が開催されます。

2歳重賞ということで、園田ファンとしては園田競馬の今後を担う馬がいるかもしれない、大変注目度の高いレースです。

本日はこの兵庫若駒賞に出走する馬の中で、特に注目している3頭をご紹介させていただきます。


アイルビーゼア


オススメ1頭目はです。

前走は重賞レースの園田プリンセスカップで2着と、メンバー中で最も格上の存在です。

走破時計も優秀で、良馬場1400mを1:31:7という時計は、古馬の上位クラスでも十分にやれる時計です。

騎手は園田リーディング上位の笹田。

テン乗りとなるのは気になりますが、能力でなんとでもなりそうですね。

名門新子厩舎のホープとして、ここは負けられないレースだと思います。




マルカフォルトゥナ


オススメ2頭目はマルカフォルトゥナ

この馬は2歳馬の中で番組賞金上位馬による競争である「アッパートライ競走」で2走連続で好走している、能力の高い馬です。

特に2戦前の1400m戦では、良馬場で1:32:8という時計はかなり優秀です。

前走は惜しくも2着でしたが、1230m戦であったことも原因かもしれません。

今回は1400mに戻るのもこの馬にとってプラス。

騎手は園田競馬のトップクラス騎手である田中学。

先ほど紹介したアイルビーゼアの主戦でもありますが、今回こちらのマルカフォルトゥナを選んでいることも、陣営の期待の表れといえるでしょう。




ツムタイザン


最後に紹介させていただくのは、ツムタイザンです。

この馬は前走アッパートライ競走で2着馬に0.4秒差をつける圧勝を演じています。

しかもその馬は、先ほど紹介したマルカフォルトゥナです。

上り3Fタイムでは0.6秒も差をつけていて、とても強い勝ち方でした。

ただ今回はツムタイザンのほうが1kg斤量が重くなるので、いい勝負になるかかもしれませんね。

初の1400m戦ということで心配ではありますが、スタミナ豊富なシンボリクリスエス産駒であれば、距離延長もこなしてくれそうです。

騎手はこちらも園田リーディング上位の杉浦騎手ですし、勝負の態勢は万全です。




混戦模様の若駒賞 楽しみです


IMG_1472


今日紹介させていただいた馬のほかにも、地方全国リーディングトップクラスの吉村騎手が騎乗するラブリーテンや、重賞で勝負強い園田リーディング上位の下原騎手が騎乗するフセノチェリーも気になる存在です。

2歳重賞なのでなにが起こるかわかりませんし、レース結果が楽しみですね!

お時間のある方は馬券を購入し、園田競馬を楽しんでいただければと思います。

兵庫若駒賞は
2020年10月15日 15:55分 発走です。

予想はツイッターで呟きますので、フォローよろしくお願いします。


PR

楽天競馬なら馬券を買うだけで楽天スーパーポイントが貯まるのでお得です。

即パットだと基本金曜日の地方競馬も購入できないので、この際楽天競馬に会員登録してみてはいかがでしょうか。

もちろん登録料は無料です。