こんにちは。

もうすぐ何気に楽しみな秋華賞2020ですね。

デアリングタクトの牝馬3冠がかかった、非常に注目度の高いレースです。

秋華賞といえば、2012年の秋華賞を思い出します。

あのジェンティルドンナが牝馬3冠を達成したレースですね。

わたくしチェルシーは現地観戦していまして、最後の直線の盛り上がりは今でも忘れることはできません。

今年はコロナで現地観戦できないのが非常に残念ですが、当日は仕事も休みですし一日競馬を楽しみたいと思います。

デアリングタクトは3冠達成できるのか


チェルシーはできると考えています。

今まで4戦レースを戦ってきたデアリングタクトですが、出走したレース全て上り最速です。

特にエルフィンSと桜花賞は、上り3Fタイム2位の馬との上りタイム差が0.5秒以上と、圧巻のレース内容でねじ伏せる強い内容です。

オークスこそ上り3Fタイム2位との上りタイム差が0.3秒でしたが、最後の直線で進路取りに手間取ってのもの。進路が開いたそのあとは、圧巻の末脚でした。


当日の馬場も味方しそう



土曜日の天気予報は雨。

日曜日当日の馬場は完全な良馬場とはならないでしょう。

デアリングタクトは

父:エピファネイア
母父:キングカメハメハ

という欧州血統同士の配合となっています。

欧州血統は荒れた馬場が得意ですし、重馬場の桜花賞を勝ったといいうことで、適性も証明されています。

まさに運も味方につけたといえるでしょう。


馬券的には伏兵に期待したい



ネット競馬でのデアリングタクトの単勝オッズは、現時点で1.2倍。

馬券で勝負するには、ちょっと難しいオッズですね。

レースは3冠のかかったデアリングタクトに要注目ですが、馬券はまた違います。

レース当日までに、デアリングタクトに勝つ可能性のある馬を、きっちり予想したいと思います。

レースの予想については、こちらのツイッターに呟きますので、フォローしていただければと思います。

秋華賞は10月18日(日)の15:40分発送予定です。

競馬楽しんでいきましょう!